容器にもこだわり有り|良い製品をクリエイトしていくための秘策

容器にもこだわり有り|良い製品をクリエイトしていくための秘策

工場

置き換える時は比べる

ワーカー

ドライアイスを保冷箱に入れて食材を持ち運びすれば、食材の温度を一定に保つことができますし、腐敗も防げます。そして繰り返し使える保冷剤に切り替えることでコストカットもできるのです。

読んでみよう

入れ物にまでこだわる

作業員

プラスチック容器は内容物ごとに使い分けられるべきです。トリガー式の容器は霧吹きに最適なので、粘度の薄い液体を入れるための容器です。また、化粧水や美容液のように一滴ずつ出して使いたい場合はキャップ付きの容器が合っています。少しずつ調節して使いたいのにポンプ容器を使ってしまっては一気に液体が出てきてしまうので使い勝手がよくありません。また、クリーム状のものであれば液体のように小さな穴から少しずつ出すのは困難です。そのため、化粧クリームなどは口が広い広口ボトルを利用するべきです。形状の他にも容器に使われる材質を内容物との相性を見ながら選ぶことも大切になってきます。

化粧品容器一つをとってもガラス容器とプラスチック容器に分けられます。ガラス製なら頑丈にできていて物質が染み出しにくいので、液体やクリームを保存するのに最適な材質となっています。しかもアルコール類だと容器の質によっては変形や溶解させてしまうこともあるので、こういったものはガラスの容器が選ばれます。割れやすいというガラスのデメリットを解消させるためにはプラスチック樹脂の容器を使うべきです。プラスチック樹脂ならガラスと比べるととても軽くできていますし、処分も燃やすゴミとして出すことができて便利です。プラスチック樹脂の中で食材や医薬品を入れるのに最適なのがポリプロピレンとなっています。
このように、工業製品を作り上げるには的確な素材が必要です。保冷剤やホーニング、酸化チタンといった製品づくりに不可欠なものを知って良い製品を作っていきましょう。

扱い方に注意

製作所

身近な場所で使われている酸化チタンなので、安全性も保証されています。安全に製品を作りたい、綺麗な製品を販売したいという企業はこの成分がもつ性質を理解して取り扱うべきです。

読んでみよう

研磨と砥石

プラント

ホーニング加工をする際には砥石のことを考えるのは必要不可欠です。機械の摩擦を少なくして効率よく動かしていくためには砥石で磨くことが大切になってきますが、砥石にも種類があることを知ると良いです。

読んでみよう

Copyright© 2016 容器にもこだわり有り|良い製品をクリエイトしていくための秘策All Rights Reserved.